読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいぶろぐ

2016年10月に念願のマイホームが完成。これまでの家づくり奮闘記と、それにまつわる家具や生活雑貨の話題。DIY関連の発信など、トータルに楽しんでいく為のぶろぐ

KEI BLOG

well come to my site

無印良品週間で買った『サーキュレーター』4月3日まで(ネットは4日まで)

無印良品週間

いつも無印良品をご利用いただいてるお客さまに感謝をお伝えする期間です。日頃の感謝を込めて、無印良品のメンバーの皆さまに10%OFF価格でご提供します。この機会に、ぜひご利用ください。

2017年3月10(金)~4月3日(月)※ネットは4日(火)AM10:00まで

 引用:無印良品

 

サーキュレーター

直進型の風で空気循環させる事に特化したのが『サーキュレーター』です。風が出るって意味では「扇風機」とさほど変わらない気もしますが、基本的には循環を目的としているので上下しか動きません。その分、真上向きの風向きにする事もできます。また自動首ふりなんてものもないのが特徴的ですね。

 

扇風機でも出来なくない気もしますが、滞留する空気の流れを変えるという意味では、サーキュレーターが特化していると思います。そこは直進型の風を起こせるっていう部分じゃないでしょうか。

 

無印良品の『サーキュレーター』

無印良品には2種類のサーキュレーターが現行で販売されています。

www.muji.net

www.muji.net

通常価格:4,200円(税込)

無印週間:3,780円(税込)

ホワイトとブラックの2色展開です。思ったよりも小型なのでインテリアの邪魔にもなりません。ハイシーズン(夏場)になると、ほぼ売り切れ状態になるのですが、この時期はまだ在庫も潤沢の様ですね。凄い人気なのは違いないです。

 

何より1時間作動しても0.2円~0.5円程しか掛からないとのメーカーさん情報なので、エアコンとの同時作動もエコで安心ですね。

 

もう一つがこの「大風量タイプ」。

www.muji.net

通常価格:5,900円(税込)

無印週間:5,310円(税込)

※ネットで購入すれば5,000円以上なので送料無料。

今回購入したのはこちらの大風量タイプ!!基本的に「サーキュレーター」自体は、空気の循環が悪い広い部屋で使いたかったというのもありますし、夏場になれば土間にも使えるかなって思ったので、大風量タイプにしました。

 

何より大風量タイプといっただけあって、確かに存在感は凄いですね。縦横奥行も一般的なサーキュレーターよりも、断然大きいと感じます。

 

実際使ってどうなのか?

何より気になるのが実際のところどうなの?っていう所だと思うので、早速使ってみる事にしました。

無印サーキュレーター大風量

音に関して

正直ほとんど気になりません。人が滞在している時の生活音の方がむしろ大きく感じるくらいです。このあたりは風量にも影響はあるかと思いますが、よほどでない限り一般的には「弱風」で使用すると思うので、テレビなどの声をかき消されるなどの心配もありません。試しに「強」を使用してみましたが、まぁざわつく程度というか、部屋が無音状態だと気になりますよね。最近の扇風機もそうですが、音に対する存在感が緩和されてる機械が多くなってきたなと思います。

 

室温(空気循環)に関して

約16.5帖の部屋でエアコンもヒーターも使用しない時は15℃です。我が家ではエアコンを冬につける習慣がほとんど無く、ガスファンヒーターなんですが、最低設定16℃にし、サーキュレーターが無い時は20℃位の室温になります。

 

そこで、サーキュレーターを付けると何もしてないより23℃と3℃程上昇したのを確認しました。実際の体感でも「少し暖かくなった?」と言う程でした。直接風が廻ってると体感する事もないですが、付けるだけで2℃上昇するという事は、思ったよりも効果的だったと思います。

無印良品の温湿度計

www.muji.net

※あくまで個人的な独自の検証です。

 

主な使い方

『サーキュレーター』の基本は風の循環です。冷たい空気は床に溜まりやすく、暖かい空気は天井に集まりやすい性質があります。例えばエアコンは天井近くにあるのが一般的ですが、夏場冷房を使う場合を考えると、冷たい空気は床に下りてしまうので天井付近は温度が下がらない為、ずっとエアコンが動き続ける事になります。

 

冬場のエアコン暖房は天井に溜まり続けるので、ある程度でエコ運転になるわけですね。そうすると、床に近い方は熱が溜まりにくいのでエコ運転が使えず、ずっと稼働させなければいけない事になります。

 

単純な話・・・。

 

エコじゃないよね!!??

 

なので、エアコンを作動させながら『サーキュレーター』を使う方がエコになるし、電気代も抑えられるって事ですよね。

 

じゃあ、実際どの辺に設置すれば循環効率がいいのか色々調べると・・・。部屋の大きさやエアコンの位置によってバラバラで、これといって良いデータはなかったですね。そこで我が家で色々テストしたんですが、一番安定した温度を実感出来たのは・・・。

 

「エアコンと対角線側」

※我が家のテストはガスファンヒーター

 

これです!!!

 

恐らく、片方に溜まった空気を流す為には、向い打った方がより拡散性があるんだと思います。サーモグラフィなんて無いので、温度計と体感でしかないですが、ガスファンヒーターもエコモードの切り替えが早かったのも事実。これでより一層の活躍が期待できそうです。

 

あとがき

これからだんだん暖かさが増してきます。いつもより暖冬だった2016年~2017年ですが、今年2017年の夏はより一層の暑さが待ち構えているかもしれません。電力のエコは単に環境問題だけではありません。

 

お財布環境も良くしなくてはいけません!!

 

慌ててシーズン迎えてから購入すると、良いものが売り切れてたりもするので、前倒し前倒しの気持ちでこの「無印良品週間」を活かしてみてはいかがでしょうか??

 

 

家建て『はてな』ブログのコミュティあります。

家建て(家づくり)の情報コミュニティ

 

<人気の過去記事>

2016年4月から始めた「家建てブログ」。

昨年10月にようやく完成。

これまでの軌跡はこちらから。

 

▼【WEB内覧内装編】はこちらから

1階土間から2階天井への吹き抜けについて

玄関からシュークロークにかけて

1階のトイレを広く贅沢に活用

リビンングからキッチン編

キッチンまわりについて

洗面台まわり~カリッサ600の水はねも検証してみた

ダイニングとリビングから眺める土間

家中の内部建具ばかり集めてみる

 

▼【WEB内覧外構編】はこちらから

玄関から外構のエクステリアについて

 

▼【家が建つまでの経過を見る編】はこちらから

経過⑱テラスにウッドデッキを工務店と一緒に作る

経過⑰外構工事も終わりシンボルツリーの植樹も完了

経過⑯大工の仕上げ工事も大詰めだ

経過⑮サンワカンパニーのステンレスキッチンが来た日

経過⑭タイル貼りと土間のコンクリート打設

経過⑬着工から14週間でクロスと電気工事が完了

経過⑫白いクロス選びは案外大変だった

経過⑪仕上げ工事に突入してきたぞ編

経過⑩自分達で無垢材の巾木に蜜蝋ワックス塗る編

経過⑨外壁の仕上げ工事はあっという間だった編

経過⑧着工から9週間で大工工事ほぼ終盤

経過⑦着工から8週間でほとんど形になってきてる編

経過⑥施主支給のフローリングでトラブル発生編

経過⑤着工から6週間で目で外部サッシの取付~中間検査も完了~

経過④~番外編~棟上げの内覧

経過③着工から1ヶ月でいよいよ棟上げ

経過②着工から2週間から3週間経過の状況

経過①着工から1週間経過で地業工事完了

 

▼【サンワカンパニーのクレーム編】はこちらから

神対応の「サンワカンパニー」再び!!

それでもやっぱり「サンワカンパニー」は神対応だった件

「サンワカンパニー」のクレーム対応が神対応だった件

 

▼【間取りプラン編】こちらから

ローコスト住宅のNO,1プランニングが遂に完成!!

玄関をアピールした二階建てプランの配置

土間ありの二階建てを徹底的にプランニング

平屋プランを考えたら二階建ての良い所が見えてきた

理想の平屋間取りを突き詰めたらこうなった!!

ローコストな平屋プランも考えるべき!?

平屋で土地を活用する間取りプランニング

キューブハウスよりもL型プランの間取り

ローコスト住宅を目指した間取りプラン

収納をより使い易くする間取りプランとは?

最初の間取りプランを考える

 

▼楽天でポチったレビュー

カリタコーヒードリッパー

 

▼Amazonポチレビュー

TRUCK FURNITUREに合うカフェグッズ5選

 

▼サンワカンパニーショールーム訪問編

大阪ショールーム前編

大阪ショールーム後編

東京ショールーム前編 

東京ショールーム中編

 

他にも「住まい」に関する情報満載。

ポチっと応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村