読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいぶろぐ

2016年10月に念願のマイホームが完成。これまでの家づくり奮闘記と、それにまつわる家具や生活雑貨の話題。DIY関連の発信など、トータルに楽しんでいく為のぶろぐ

KEI BLOG

well come to my site

【Joshin】エアコンが安いと言われる12月に値交渉してみた結果10万円も安くなった

エアコンの安い時期

1年を通していつ頃に買えば安いのか??という情報戦は幾つもあります。本当に安いかどうかは別にして、数ある情報を収集してみた結果は以下の通り。

 

【8月】

夏のエアコン稼働時期は6月~8月で、実質8月になると夏も終わりになるので売れなくなります。その前に在庫処分しなくてはいけませんので、安くなると言われています。新型機種の発売が10月である事も多く、旧型製品のハイエンドモデルがお買い得になる時期とも言われています。

 

【3月】

お店側の都合にもよりますが、3月は決算時期である割合が高く、この時期までの売り切ってしまわないとマズイ店が多くなります。この時期はエアコンに限らず、在庫消化の動きが活発になるので値引き交渉し易くなる傾向にあります。

 

【12月】

年末商戦とも言われる12月は「ボーナス」時期でもある事から、店舗間(競合各社)との顧客争奪戦が激化します。財布の紐が緩みやすいこの時期ですから、なんとしても取り込もうとする店側の熱い戦いが繰り広げられます。いつもよりDMハガキが届く頻度が高くない?と感じるのもこの時期ですね。

 

今回私が購入した時期は12月です。元々の家から引っ越しの際に移設しようというのが目的だったのですが、移設だけでも案外費用が掛かる事になったので、いっその事購入した方がという事で購入を決意しました。

 

さぁジョーシンへいこう

f:id:keisuke9140:20161222170437j:plain

シャープF-Sシリーズ

www.sharp.co.jp

 

今回購入したのは寝室用とリビング用に2台です。

1台買うよりは2台買う方が当然値引き率はUPします。

 

当初は店頭シャープ製の最も安い機種で選択していました。

所謂スタンダードモデルってやつで、機能がほとんどないやつ。

 

私「ジョーシンさんなんとかお願いしますよ~」

J「そうですね~(汗)」

 「ぶっちゃけこのモデルは底値なんで厳しいっす!!」

 「パチパチパチパチ」※電卓の音

 

18畳用=144,000円

 6畳用= 60,000円

 値引き= △5,000円

  合計=199,000円

 

「がーーーーーん!!

 ほとんど安くねぇ!!」(笑)

 

J「これだと倍の省エネモデルの方が得っすよ?」

 

私「どーうゆーことー!!??」

 

どうやら、スタンダードモデルは最初から値段をガッツリ落として、機能は最低限あれば充分!!値引きは出来ない限界値ですけど、拘らない方にどうぞ!!という商品らしく、極端な話では値引きしなくても売れる価格になっているという事。

 

それよりも、高機能モデルの方が値引き率は上がるし、元値よりも大幅値引きで買えますよ?というのがJoshiさんの言い分な訳です。

 

例えば30万の商品を5万円引きの25で買うのと、20万の商品を19.5万で買うのはどっちがお得なの?理論です。この5.5万が省エネになった事で如何に取り戻せるかどうかについて議論する事になりました。

 

スーパー営業マンのジョーシンスタッフ

シャープF-Vシリーズ 

www.sharp.co.jp

 

リビング用<AY-F56V2-W>

店頭価格¥213,840(工事費込) 

寝室用<AY-F22V-W>

店頭価格¥125,400(工事費込)

合計額=¥339,240

 

金額だけ見ると予算大幅UPになる訳ですが・・・。

 

私「ぶっちゃけいくらなの?」

 

リビング用<AY-F56V2-W>

店頭価格¥147,352 

寝室用<AY-F22V-W>

店頭価格 ¥74,648

 工事費 ¥28,000

合計額=¥250,000

更にJoshinポイント¥10,000分

 

差額¥89,240!!

 

差ひらき過ぎーーーー!!!(笑)

 

当初のスタンダードモデルとは¥55,000の差額になる訳です。いくら安くなったとは言え、当然この差額を取り戻すだけの価値があるのかどうかに奥さんが食いつく訳です。そりゃそうですよね?せっかく良い機種へグレードアップしても、その対価が本当に得られなければ、あえて高機能なモデルを買う必要はない訳ですし・・・。

 

当然Joshinさんは追い打ちをかけてプレゼンします。

 

J「スタンダードと今のモデルだと年間1万円は省エネです」

 「仮に10年使えば4.5万円は浮く計算になります」

 「後はお客様の価値観で決め手になればと思います」

 

テンプレート的な営業だとも思いますし、安い商品で釣り上げて高額なモノへ変更させるといった上手い乗せ方?なのかもしれないと慎重に計算してみたのですが、エアコンを活用する期間や、間取りの大きさ、使う時間、場所によって大きく変わる可能性はありますが、高機能だからこそ省エネになるかどうかは、使ってみないと分らないのが本音です。なんとも言えず渋っているとダメ押しの一撃を食らう事になる訳です。

 

J「クリスマスのプレゼントは購入されました?」

私「まだです」

J「ポイントでその分を購入いただくのも一つです」

 

ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

 

そもそもJoshinを訪れたのはサンタ用のプレゼントを買う事も目的の一つでした。ご存知かと思いますが、ゲームやおもちゃが購入できる「キッズランド」が併設されており、そこでのお買い物もポイントが使えるのです。

 

私「じゃあ、お願いします」

 

やるやるとは聞いていましたが、流石のジョーシンです。

まだポイントが残っているので、次は夏の扇風機ですね。

 

これで冬のボーナスは羽がついて飛んでいっちゃいましたとさ。

 

取り付けは次回なのでまたレポします。

 

▼【WEB内覧内装編】はこちらから

1階土間から2階天井への吹き抜けについて

玄関からシュークロークにかけて

1階のトイレを広く贅沢に活用

リビンングからキッチン編

キッチンまわりについて

洗面台まわり~カリッサ600の水はねも検証してみた

 

▼【WEB内覧外構編】はこちらから

玄関から外構のエクステリアについて

 

▼【家が建つまでの経過を見る編】はこちらから

経過⑱テラスにウッドデッキを工務店と一緒に作る

経過⑰外構工事も終わりシンボルツリーの植樹も完了

経過⑯大工の仕上げ工事も大詰めだ

経過⑮サンワカンパニーのステンレスキッチンが来た日

経過⑭タイル貼りと土間のコンクリート打設

経過⑬着工から14週間でクロスと電気工事が完了

経過⑫白いクロス選びは案外大変だった

経過⑪仕上げ工事に突入してきたぞ編

経過⑩自分達で無垢材の巾木に蜜蝋ワックス塗る編

経過⑨外壁の仕上げ工事はあっという間だった編

経過⑧着工から9週間で大工工事ほぼ終盤

経過⑦着工から8週間でほとんど形になってきてる編

経過⑥施主支給のフローリングでトラブル発生編

経過⑤着工から6週間で目で外部サッシの取付~中間検査も完了~

経過④~番外編~棟上げの内覧

経過③着工から1ヶ月でいよいよ棟上げ

経過②着工から2週間から3週間経過の状況

経過①着工から1週間経過で地業工事完了

 

▼【サンワカンパニーのクレーム編】はこちらから

神対応の「サンワカンパニー」再び!!

それでもやっぱり「サンワカンパニー」は神対応だった件

「サンワカンパニー」のクレーム対応が神対応だった件

 

▼【間取りプラン編】こちらから

ローコスト住宅のNO,1プランニングが遂に完成!!

玄関をアピールした二階建てプランの配置

土間ありの二階建てを徹底的にプランニング

平屋プランを考えたら二階建ての良い所が見えてきた

理想の平屋間取りを突き詰めたらこうなった!!

ローコストな平屋プランも考えるべき!?

平屋で土地を活用する間取りプランニング

キューブハウスよりもL型プランの間取り

ローコスト住宅を目指した間取りプラン

収納をより使い易くする間取りプランとは?

最初の間取りプランを考える

 

▼楽天でポチったレビュー

カリタコーヒードリッパー

 

▼サンワカンパニーショールーム訪問編

大阪ショールーム前編

大阪ショールーム後編

東京ショールーム前編 

東京ショールーム中編

 

他にも「住まい」に関する情報満載。

ポチっと応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村