けいぶろぐ

2016年10月に念願のマイホームが完成。これまでの家づくり奮闘記と、それにまつわる家具や生活雑貨の話題。DIY関連の発信など、トータルに楽しんでいく為のぶろぐ

KEI BLOG

well come to my site

図面付き~土間に合うオリジナル吹き抜け階段をデザインしていただいたはなし~

家づくりにおいては、顔となる部分って一杯あると思います。

特にこだわって建てる家には、ここぞ!!という部分が必ずあります。

 

実際、私の場合は玄関から繋がる土間だったり、

土間と間仕切る建具だったりが、そのポイントになる部分だったりします。

 

土間と間仕切りは以前書いてます。

 

www.keiblog.net

 

間取りはこちらから。

 

www.keiblog.net

 

そんな中で階段部分も大きな顔となる部分です。

建築予定の我が家は、玄関部分から土間に入る際に吹き抜けが出てきます。

その土間に家の顔となる階段も出てきます。

 

もちろん間仕切りも目に入ってくるポイントなので、

間仕切りや土間などとの相性の良い階段を作らなければいけません。

 

参考にさせていただいたのは、独創的なプランニングで有名な『D`S STYLE』さん

www.d-s-style.com

 

土間や吹き抜けの使い方など、間取り作りの際に参考にさせていただきました。

そんな『D`S STYLE』さんの階段が木と鉄で作られたオシャレな階段でした。

しかし、全く同じものを作っても面白みに欠けるので、デザイン会社にお願いし、

鉄と木をうまく融合させたデザインを設計いただきました。

 

階段図面

f:id:keisuke9140:20160514230507j:plain

重厚感を出すために、全体を鉄で作っていただきました。

もちろん耐久性を上げる為でもあります。

どっしりした感じが、家全体での存在感を出してくれてます。

 

階段イメージ

f:id:keisuke9140:20160514230903j:plain

踏み板の部分だけは木製を使い、全体的にマッチングし易い雰囲気にしています。

これ自体は工務店によると思いますが、得意、不得意で見積は変わります。

実際には、手すりのみ鉄で作り、全体は木製の方がコストは抑えられます。

 

間取りでのイメージ

f:id:keisuke9140:20160514231154j:plain

間仕切りとのトーンを合わせる事でイメージはぐんと良くなりますね。

 

完成した記事がこちら

www.keiblog.net

 

階段って家全体の中で最もデッドスペースになり易い場所だと思います。

位置や作り方によって有効的にする事で、贅沢なスペースを確保できます。

今回、工務店が出した見積は階段全体で40万円程!!

 

かなり高額な階段になったかなと思っていますが、家の顔になる部分ですから。

せっかくの注文住宅!とことんこだわりたいポイントですよね。

 

 

 

他にも住まいに関する情報が満載です 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村