読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいぶろぐ

2016年10月に念願のマイホームが完成。これまでの家づくり奮闘記と、それにまつわる家具や生活雑貨の話題。DIY関連の発信など、トータルに楽しんでいく為のぶろぐ

KEI BLOG

well come to my site

絶対欲しくなりそうな家電がまた出た~dyson Super Sonic~

革新的なやつがやってきた

 

スゲーやつが出ましたね!!

 

発売前からそのイメージ画像は露出されていて、

一体どんな物が出来上がるんだろうかとワクワクしてた訳ですが。

 

遂にお披露目となったあの話題のドライヤー

もう体感されましたか??

 

dyson SUPERSONIC

www.dyson.co.jp

やっちゃいましたよね!?

遂にここまできましたよね!?

 

これまで、

  • 吸引力の変わらないただ一つの掃除機
  • 羽のない扇風機
  • 99.999%除菌の空気清浄機

 

他の追随を許さない圧倒的な製品開発力のあるあのdysonが、

遂にドライヤー作っちゃいましたよ!!!

 

『常識を変えるヘアードライヤー』のキャッチフレーズ。

 

充分期待できそうじゃないですか!?

早速、出張の遠征がてら見てきてやりましたよ。

表参道の基幹店。

f:id:keisuke9140:20160507091803j:plain

なんともスタイリッシュなそのフォルム。

『羽の無い扇風機』が話題になりましたけど。

ドライヤー独特のファンが見当たりませんよね?

 

ハンドルの持ち手の所にモーターがあって、防振ゴムで振動しない設計。

何より今までの様な強烈なファンの音がしないんです。

 

どちらかと言うと「キュイーン」という感じで未来的です。

 

簡単にスペックを解説

  • 温度センサー(風の温度を毎秒20回も測定)
  • マイクロプロセッサー(測定された温度で発熱体をコントロール)
  • 3段階の風速調整
  • 4段階の風温調整

温度センサーで髪のあたり具合を調整して、髪へのストレスを軽減する為に

過度な温度を与えない様にコンピューター管理してる。

 

凄い!

 

今まで乾かすだけだったり、髪をいたわる効果だったりを謳ってきたこれまでの

ドライヤーと違い、ドライヤー自身が髪の状態を察知するなんて!

素晴らしすぎるじゃないですか!?

 

  • 消費電力 1200W
  • 風量   2.4m3/分
  • 本体重量 618g
  • コード  1.9m

若干従来のドライヤーよりも重さはありますよね。

大体450g~500g位なので少しどっしり感はあると思うんですけど。

ハンドル部分に重さが集中して、風口部分は軽量だから重さを感じさせない作り。

 

流石dysonさん考えますね!!

 

それに加え保障が凄い。

通常の電化製品の製品保証は1年に対して、

dysonドライヤーは2年間保証

 

どうやらサロン(美容室)向けのドライヤーもありますが。

お問い合わせとなっています。

恐らく専売商品となるのかな!?

価格は分らないですが、サロン用は6ヶ月保証だそうです。

恐らく業務利用での耐久は少し不安があるのかな??

 

余談ですが一般家庭とサロン利用の時間の使用時間の差は・・・

一般家庭使用時間(仮に1日2回使う場合)

15分×2回×365日×2年間=365時間

 

美容室使用時間(仮に1日10人で実働25日間を6ヶ月使う場合)

15分×10人×150日=375時間

 

大体同じくらい!?強引ですかね?(笑)

ドライヤーの寿命は400時間くらいだと聞いた事があります。

使い方とか付加機能にもよると思いますが。

だとすると妥当な保証なのかもしれません。

いずれにしても、品質に自信を持ってる事は間違いないでしょうね。

  

加えて、5月10日までに予約または購入したお客様は、

気に入らなければ全額返金!!

5月31日までの返品に限るそうですが。

 

いずれにしても話題のドライヤー。

まずは試してみたいと思うその心を鷲掴みにしてきますよね。

これだけいいドライヤーだったら返品しないです。

 

気になるお値段は?

定価 48,600円(税込)

 

ちょっと高いかも!?

ここ最近のドライヤーは高騰化しています。

私が先日買ったドライヤーも33000円ですし。

 

良いものは良い。

価格だけではなく本当に良いものはお金を出してでもと言いますが。

何よりもこの話題性と、試したくなる意欲を湧かせてくれ、

消費行動を促してくれる企業がある事は素晴らしい事です。

 

これは欲しくなりました。

 

高価格帯のドライヤーが時代のニーズなのか!?

 

ここ1~2年くらいで高価格帯の美容家電が発売ラッシュになっている様です。

市場の出荷台数は年々減少傾向にあるものの、売上高は右肩上がりに推移して

いる状況だとニュースで出ておりました。

 

要は「良いもは、高額でも欲しい!!」

 

価値に見合った商材はニーズが充分あるという事の象徴だと思います。

不景気だと言いながらも、消費行動は実は活発あんですね。

 

ここ最近発売された人気ドライヤーはどれも高額ですよ。

 

Panasonic Beauty PREMIUM ヘアドライヤー EH-XD10-K(黒)

美容家電の王道パナソニックが高付加価値ドライヤー出してます。

panasonic.jp

定価32,400円(税込)

 

パナソニックが打ち出す「ナノイー」(水に包まれた微粒子イオン)と、

ダブルミネラル(2つの亜鉛電極から発生されるミネラルマイナスイオン)の

力で、摩擦ダメージと紫外線に強い髪へと謳われています。

 

美髪の為に出来る事を高性能ドライヤーで!!って事ですよね。

加えて、ボリュームダウンやアップのスイッチが付いていて、

これまで美容師さんが行っていた技術がドライヤー自身で出来る訳です。

 

そりゃ高くつくね!!!(笑)

 

LUMIELINA ヘアービューザー エクセレミアム2D Plus プロフェッショナル

プロも愛用する『リュミエリーナ』が独自技術で参戦してくる。

bioprogramming.jp

 

Bioprigraming -バイオプログラミング技術ー

リュミエリーナさんが独自に開発された技術なので、詳しくはサイトを見て

いただければと思うんですが、私なりに要約すると・・・。

  • 毛細胞が活性化
  • たんぱく変性を起こさせない
  • 使えば使うほどに髪に潤いとツヤがでる
  • 半永久的にセラミックス効果がえられる

書いてあるだけでもとんでもないドライヤーですよね。

しかも、美顔効果もあってリフトアップも出来るみたい。

 

もはや乾かすだけの域を超えてしまったドライヤーですよね。

ドライヤーだけじゃなく、カールアイロンやストレートアイロンも出してます。

アイロンも使えば傷む?イメージがありますが、傷まないそうです。

 

ほんとかよ!?(笑)

 

酷評するつもりはさらさらないんですが、実際使った感じでは優しい感じはします。

dysonドライヤーと同じで熱量がガツンとくる感じではないので、

優しく乾かされている様な感覚で、髪には良い気がします。

 

この2Dプロフェッショナルはこれまでのシリーズ商品でも最強!!と謳われてます。

プロも納得のドライヤーだからこそ、高額でも欲しくなるドライヤーですね。

 定価35,640円(税込)

 

ドライヤーなんて乾かせばオッケーなんて考え方はやっぱりナンセンスですよね。

せっかく綺麗なカラーやったり、トリートメントしたりしても。

乾かす風がただの熱風だとスタイリングが形成された時にはダメージ状態なわけで。

 

こだわりは何より大切ってことですね。