けいぶろぐ

2016年10月に念願のマイホームが完成。これまでの家づくり奮闘記と、それにまつわる家具や生活雑貨の話題。DIY関連の発信など、トータルに楽しんでいく為のぶろぐ

KEI BLOG

well come to my site

家の間取りやデザインを考えるのに参考にした~住宅デザインのまとめ~

f:id:keisuke9140:20160406193718j:plain

家を安く建てるのには選択肢を増やす!?と前記事でも触れましたが。

 

myhomezukuli.hatenablog.com

 

 

実際に選択肢を増やす中で、建てる家のイメージを具現化しなければなりません。

 

住宅の建築デザインはたくさんの事例があり、紹介サイトも豊富です。

 

どのサイトを見れば良いのか、随時更新していきたいと思います。

 

 

私が一番参考にしたデザインで、他にないオリジナリティあるデザインが魅力的です。

デザイン・設計・施工もされており、シンプルイズベストの方は注目です。

www.d-s-style.com

 

 

ハウスメーカーから工務店などの建築事例がすぐ見える情報サイト

D`S styeleを見つけたのもここからで、建築費用も概算で確認できます。

デザイン探すには神サイトだと思います。

 

suumo.jp

 

夢のあるデザイナーズ住宅の実例を紹介。予算やこだわりに合わせ検索も可能です。

わくわくするデザインがたくさんあります

www.freedom.co.jp

 

 

間取り図から参考にしてみるものありですよ。

自分の思い描く間取りが作れるフリーソフトもあるので、イメージも具現化できます。

www.e-house.co.jp

 

 

また次回詳しく書こうと思っていますが、私はデザイン・設計・施工は全て

別々に依頼しました。所謂、中間マージンを如何に減らすかで安く建てるか!?

にこだわったんですよね。

 

設計とデザインは同じでも良いと思いますが、ここがなかなか難しいのです。

やっぱり建てる家に妥協はしたくなかったので、とことんこだわりました。

その結果、デザインは40パターン近く書いていただいたんですね。

 

それでも成果報酬型のデザイン会社だったので、何枚書いても一律価格でした。

ちょっとした事で変更したくなる事ありますよね?

 

例えば、お風呂の入り口位置とか。

パントリーの入り口動線だったり、階段の向きだったり、窓の位置だったり。

 

こだわれば拘る程にデザインは何度も書いてもらう事になります。

実際に図面を起こすとまた違ったりするんです。

 

そんな時の為にも、あらゆるパターンを見ておく事で理想に近づける事が

出来るんですよね。

 

ときかく100パターンの事例は参考にして、「これは!!」というのは、

印刷するなどして貯めて保管していくと良いですね。

 

 

他にも住宅情報が満載です


にほんブログ村