けいぶろぐ

2016年10月に念願のマイホームが完成。これまでの家づくり奮闘記と、それにまつわる家具や生活雑貨の話題。DIY関連の発信など、トータルに楽しんでいく為のぶろぐ

KEI BLOG

well come to my site

安く家を建てるには選択肢を増やす!!

f:id:keisuke9140:20160405195215j:plain

 

※2016年12月更新

元々この記事を書いたのは家が建つ以前の着工後だった様に思います。着工するまでに重ねてきた苦労話が良い材料になれば!!とかなり上から目線な記事になっていたと思います。

 

家が建った今!!今だからこそもう一度振り返ってみて更新してみるのも良いかなと思って書いています。過去記事でもあるので誰も振り返らなければ辿り着かない記事かもしれませんが、現在なんだと思って読んでいただければと思います。

 

●今まさに家を建てようと土地や物件をお探しの方。

●将来的に家を建てようと計画している方。

 

マイホームへの夢は膨らむばかりだと思います。

 

「キッチンはこうしたいな」

「LDKは一続きに大きくしたいな」

「吹き抜けがほしいな」

 

家を建てる前はどんな理想も思い浮かべられるものです。だからと言って、なんでもかんでも思い通りにはいかないもので、予算や土地の条件などで大きく変わってきます。もちろん、誰もが一生物の買い物になる念願のマイホームです。出来る限りベストを注ぎ込める家を建てたいと思うものです。

 

-------記事更新中-------

 

出来る事なら「1回でベストハウスを!!」

 

しかし、理想を追い求めれば求める程、予算は上がります。

 

実際に2000万予算で建てようと思った方が、3000万以上掛かった(汗)

 

という話はよく聞きます。

 

自分の友人もそのタイプでした。

 

やっぱりベストな家を建てるのはもちろんの事。

 

出来る限り安く建てたい!!と思うのが正直な所です。

 

私も安くなる為に色んな努力をこれまでしてきました。

 

そんな中でした経験談をお話します。

 

実際これは経験していて良かったな。

 

選択肢として理解して良かったと感じてます。

 

知っている事でより安くコスト削減出来たなった事もあります。

 

ひょっとすると皆さんのこれからのお役に立てるかもしれません。

 

選択肢を増やす

まずは家を建てるでも買うでも良いですが、あらゆる選択肢を増やす事です。

 

①不動産の選択肢

  • 新築建売を買う
  • 中古物件を買う
  • 土地を買ってから建てる
  • 親族の家を相続し建て替える

  

それぞれの選択肢において、細分化していく事も重要です。

 

②建て方の選択肢 

  • 注文住宅
  • 完全注文住宅

 

③業者の選択肢

  • ハウスメーカー
  • 地元の工務店
  • 建築設計事務所

 

概ねこれくらいの選択肢は増やしておいた方が良いです。

 

選択肢を増やしておく事がなぜ重要なのか?

 

それは・・・

 

こんな家建てたい!!

 

そう思ってもいきない「これ!!」

 

なんて事は具体化されないものですよね。

 

「こんな玄関いいな」「こんな階段いいな」「キッチンは対面で」

 

断片的で纏まりがないものです。

 

そこで必要になるのが全体のデザインやイメージです。

 

ある一定のデザインがあれば、好きな所とそうでない所を組み合わせたり、

 

切り離してみたりできる訳です。

 

そうした中で理想の家像が出来てくる事が出来れば、

 

どの選択肢でチョイスするのが、自分自身が建てたい理想の家で安く出来るかが判断できるのです。

 

  • 選択肢をたくさん増やす。
  • デザインをチェックする。

 

安く家を建てる上でまず二つを纏めてみましょう。

 

例えば、建売物件で気に入ったものが見つかった!!

その上で安くする方法を見出していく必要があります。

 

建売の場合はほとんどが決められた中で進んでいきますので、

価格交渉がメインになったりします。

 

しかし手が無くもないんです。

同じ様な間取りを工務店などで見積りしてみたりして、

土地と建物を別々で発注していく方法もあります。

 

土地探しなども考えると時間は掛かりますが、

ハウスメーカーや不動産などの中間マージンがなく建築出来るので、

逆に安くなるケースもあります。

 

しかし、それらを検討するにも選択肢を広げておかなければ、

そもそも思い付かないのです。

 

案外、これがいい!!と思った時には、

他には目がいかないものなんですよね。

 

色んなケースを想定する事が出来るのは、

選択肢が頭の中にいくつもある事が大切です。

 

私も100軒以上の実例を参考にしました。

 

今は自分のイメージに合ったものだけを纏めて検索もできます。

 

是非、トライしてみてください。

 

ブログランキング参加中です


にほんブログ村